言いきっちゃうのもなんですが、太る人は将来的にハゲる確率が高くなります。
まず、アメリカなどで言われ続けている、太った人は節制できない。
これは事実で、自己管理のできない人ほど太りやすい傾向にあります。
ハゲとどう関係あんの?とお思いかもしれませんが、同様に、自己管理のできない人ほどハゲやすくもあります。
海藻類など髪に良いと言われる食べ物や、最近の育毛シャンプーなどでも、継続できなければ全くの無意味。
ある意味、脂肪よりも強敵なのです。
ここで、ハゲ=デブの例を挙げましょう。
デブをじっくり観察した人は少ないかもしれませんが、太ると頭皮の下にも脂肪が溜まります。
この脂肪が頭皮を押し上げ、髪と髪の間隔を開け、薄く見えるようになります。
更に頭皮にニキビができやすくなり、そこから細菌が入り粉瘤になると円形脱毛の元となります。
顔と同じで、同じ場所にニキビができますので、徐々に皮膚が硬化し、新しい頭髪が生えにくくなっていきます。
硬化した皮膚は少しずつ広がっていき、頭頂部の薄毛、カッパハゲにつながっていきます。
治すには?
単純な話で、継続的に育毛シャンプーを使い続ける事と、痩せる事。
なんだ、簡単じゃん。と思うかもしれませんが、効果があると評判のスカルプDで1本5000円前後。
年間18本使うとして9万円。これを生涯使い続けるとしましょう。
現在40歳の方であれば、360万円以上の出費となります。これはなかなか痛い出費です。
更に難しいのが痩せる事。
食事量を落とし、適度な運動をすれば痩せるのですが、太っていると腰に負担がかかり運動もままならなくなるのが悲しいところ。
無理な運動で椎間板ヘルニアにでもなると大変です。
どちらも一度なるとなかなか治りません。
若いうちからの節度ある生活を心がけましょう。
もうハゲてる人?一緒に諦めましょうよ~。コチラ

8時前に私は新横浜駅に着きました。電車に乗るのは随分と久しぶりのことでした。風呂上がりの一杯なんて引っ掛けなければもっと早くつけたのにと後悔の念は多少なりともありましたが、今日に限って、私は無性に飲みたい気分でした。輝美は10分遅れでやってきました。輝美は髪を切ったようでした。「それ、今日切ったの?」「そう。誰かさんのお陰で随分と時間持て余しちゃったから」「そうか、悪いな。似合ってるよ」私は確認するように尋ねている自分に少しばかり嫌気が差しました。年々、自らの記憶力の低下を実感するようになってきていてそれが恐ろしかったのです。巷で若年性のアルツハイマーが流行っているというのを耳にしてからというもの、昔は心のどこかで小馬鹿にしていたその症状が、まるで他人事とは思えなくなっていたのです。続きを読む