糖化が老化を促進

大抵の場合、抜け毛の原因というのは体内の遺伝子的なものにあります。

昔、お笑い芸人の宮迫さんが、スカルプDというシャンプーの広告塔をやっていたことがあります。その際には育毛サロンに通う、というようなことを併用してやっていたのですが、それでも抜け毛がひどかったため、結局はプロペシアのような男性ホルモンの分泌をおさえる薬を服用して、薄毛を克服したんだそうです。実際、シャンプーというのはわりかしテキトーでも、本当に薄毛にならない人は絶対になりません。シャンプー自体もとくにこだわりがあったり、特別に選んでいるわけではないのです。

そんな体質がすべてなんてなったら、まったくの無意味だ、という声が聞こえてきそうですが、逆に言うとポイントさえ抑えれば特段の努力も必要なく、薄毛を克服できるということになります。

たとえば、糖質を抑えることは、はやりのダイエット効果だけじゃなくて、薄毛の克服にもなります。糖化が老化を促進し、抜け毛を促してしまうからなのです。痛い顎ニキビ・大きいしこり