クレンジングのすすめ

クレンジングオイルは最もメイククレンジングの中では、お肌へのダメージが多いとも言われています。

ただ、濃いメイクなのにクレンジング力の弱いクリームタイプやミルクタイプを使って毎日、メイク残りがあることを考えれば、オイルクレンジングにもメリットがあると考えられます。クレンジングオイルが肌に悪影響を起こすと言われている一番の原因は、石油系合成界面活性剤が多く含まれているからです。合成界面活性剤の種類によっては、強力に落とし過ぎることで肌が極端に乾燥してしまう原因になります。クレンジングのダメージを最小限に抑えるには、クレンジングは1分以内に終えること、強くこすり過ぎずに自然にメイクが浮かんでくるのを待つ、アイメイクは専用クレンジングで落とすことがオススメです。すすぐ際には、人肌よりも少しぬるいくらいのぬるま湯で丁寧に洗い流すことがポイントで、少しでも温かく感じる水温では熱過ぎて必要な皮脂まで洗い落としてしまい、肌が乾燥してしまう原因になります。メイクが落ちやすいタイプであれば、ミルクやクリームなどの肌に負担の少ないタイプを選び、ポイントメイクだけは専用クレンジングを使うというのが良いと思います。びかんれいちゃ 痩せる