クレンジングは自分にあったものが一番!

クレンジングは、メイクの濃さやお肌の状態に応じて正しい選び方をしましょう。

クレンジング力の強い順に、オイル>リキッド>クリーム>ミルクという感じになります。ジェルに関しては、水性と油性があるので一概には言えません。アルコールの拭き取りタイプは、肌への負担が大きいですが、それでも疲れてメイクをしたまま寝てしまうよりは使った方が良いでしょう。メイククレンジングは落ちが強力なタイプほど、肌にかかる負担は大きくなります。だからと言って、落ちにくいメイクをしているのにミルクタイプを使ってメイクが落ち切らなかったり、ゴシゴシ強くこすってしまうと、逆に肌に負担を与えてしまいます。

クレンジングは長くてもお肌に乗せてクルクルとマッサージする時間は1分以内ですから、1分以内に自分のメイクが落ち切る程度のクレンジング力が必要になります。お肌が乾燥したり敏感肌になっていて荒れやすくなっている場合には、クレンジングを使わなくても良いミネラルファンデーションを検討するのもオススメです。また、アイメイクなどのポイントメイクはポイントメイク専用のクレンジングを使って使い分けをするというのも徹底しましょう。びかんれいちゃ 痩せない